気軽に楽しむダイビング

ファンダイビングの特徴

ダイビングには体験コースも在ります

ダイビングには体験コースも 水中30メートル前後の場所で酸素ボンベからの酸素を供給して水中散歩を楽しむことが出来るダイビングはライセンス資格が必要になります。
水中と言うのは人間が生活する空間とは異なり、水圧と言う自然環境が在る場所で楽しむマリンスポーツであり、技術や知識が必要となります。
ライセンス資格は講習を受ける事で資格取得が可能になりますが、ダイビングインストラクターの指導の下で講習を一定時間受けてることで資格を得ることが出来ます。
尚、沖縄などのマリンリゾートなどの中に在るショップでは、体験ダイビングプランを用意している所が多く在ります。
本来ライセンスが必要なマリンスポーツではありますが、水深7メートルほどの深さの場所での体験ダイビングプランは、水中散歩の楽しみや水中で呼吸が出来ると言うメリットを教えて貰えるもので人気を集めています。
ラインセンスが無い人を対象にしているのがこのプランの特徴ですが、参加する人は今まで一度も経験を持たない人が多くいるため、最初にインストラクターによる機材の取り扱い方、水中での呼吸の仕方、パニックにならない状態にするための工夫と言ったアドバイスを受ける事で初めての人でも水中散歩を楽しめると言うメリットが在ります。

ダイビングのファンダイビングの特徴について

ダイビングを楽しむ場合にはライセンス資格が必要になります。
このライセンス資格と言うのはCカードと呼ばれているライセンスで、Cカードは世界共通のライセンス資格で在り、海外の海でのファンダイビングを行う時に必要不可欠な資格になります。
このダイビングライセンスを取得するためには、ショップが企画をしているラインセンス資格取得コースを利用して、ダイビングの知識と技術をマスターする必要が在ります。
知識および技術をマスターするためにはインストラクターの指導の下で、所定の時間講習を受けて、ライセンス試験を受け、それに合格することでライセンス資格を取得することが出来るようになります。
因みに、酸素ボンベと言うのはレンタルで利用される人が多くいますが、酸素ボンベを借りる時にはライセンス資格証の提示を求められることが在りますし、海外の場合はライセンス資格の提示が必須になっています。
そのため、海外でのファンダイビングツアーに参加する場合もラインセンス証の提示が必須と言う事になります。
尚、ファンダイビングと言うのは、ライセンス資格を持つ人を対象にしたツアープランであり、ボートを利用したり、ビーチからエントリーを行うなど、ツアーガイドが素敵な海への案内をして貰えるダイビングプランになります。

Copyrignt(c) 2016 気軽に楽しむダイビング All Rights Reserved.